老化の原因物質って??

老化の原因物質って??

「老化の原因物質ってなに?」
て知りたいですよね。

 

30を超えると、どんどん体が重くなりますし、
疲れは取れない。

 

夜起きてられない。

 

なんだか体が調子が悪い。

 

肌のハリがなくなった。

 

シミだらけ。

 

髪もパサパサ

 

 

 

年を重ねれば重ねるほど、どんどん辛くなるし、ひどくなる。

 

あー20代に戻りたい!!老化したくない!!!!

 

と誰しもが思いますよね。

 

 

その原因は酸化と糖化です。

 

 

「酸化??糖化??」
と思った方も多いと思います。

 

酸化は、私たちの体は、酸素を使ってエネルギーと作っています。
そのエネルギーを作る途中に使った酸素の2%程度が活性酸素になってしまいます。

 

この活性酸素は細胞を傷つけてしまいます。
これが酸化です。

 

糖化とは、糖とタンパク質がくっついて、タンパク質がダメージを受けることを糖化といいます。

 

糖化が進むと、肌のハリがなくなる。髪がパサパサ。病気でいえば認知症や動脈硬化。

 

病気や、体の不調、いわゆる老化の原因は、酸化と糖化ということがわかってきました。

 

対策としては、酸化と糖化を防ぐ。

 

酸化を防ぐには、抗酸化物質を多くとる。
糖化を防ぐには、甘いもの。特に、揚げたものや焦げたもの。